ニュース

クラス制について

2018年2月10日

チームが臨む「試合の重要度」と「選手育成・出場機会確保」の位置づけを明確にする為、2018年より各試合に対し独自にクラス制を導入します。

▼ 位置づけ

  • 【CS】【C1】は、チーム活動上最も重要な試合と位置づけ、試合の勝利を最優先とし、最終的に優勝を目的とする公式戦。
  • 【C2】は、試合経験値の獲得や出場機会及び調整を主たる目的とした公式戦(リーグ戦方式)。
  • 【C3】は、全選手の出場機会の確保と育成・調整を目的とした非公式戦。
注)これらの位置付けは、対戦チームの競技レベルを表すものではありません。

▼ 対象となる公式戦

大会呼称は、チーム独自のものを含む

【CS】となる試合

  • 全日本軟式野球連盟主催試合
  • Gリーグプレーオフ
  • Fリーグ決勝大会
  • Fリーグトーナメント
年間:5~7大会(すべてのトーナメント試合)

【C1】となる試合

  • Gリーグ
  • Fリーグ(Fリーグ・グループA)
年間:23試合程度

【C2】となる試合

  • チャレンジマッチ(Fリーグ・グループB)
  • インターリーグ(Fリーグ・福岡軟式野球連盟交流戦)
年間:23試合程度

【C3】となる試合

  • オープン戦
年間:10試合程度

格付けなし(無印)

  • 練習試合
  • その他の試合
年間:5試合程度

▼ 日程の編成方法

  • (1)月末に翌月分の「対戦予定チームリスト」の発表を行う。
  • (2)大まかな日程は事前に通知を行うが、試合の確定は試合日6日前(前月曜日)となる。
  • (3)【C1】の試合と【CS】の試合は同日には編成しない。(※)
  • (4)【C1】の試合は、同日に2試合以上編成しない。(※)
※シーズン終盤の日程は除く

以上

カテゴリー:試合情報