軟式野球クラブ・福岡ウェストジャパン・オーシャンズ

22年3月第3クールのレポート

2022年3月21日

2022年3月第3クール
期間:3/14(月)~3/20(日)

◆平日練習
 日付:3/16(水)
 時間:19:00 - 22:00 →(※1)19:00 - 21:00
 会場:室内練習場 → (※1)名島運動公園
 参加対象選手:強化選手

◆週末練習
 日付:3/19(土)
 時間:09:00 - 13:00
 会場:東油山公園 → (※2)雁の巣RC
 参加対象選手:強化選手

(※1)- 施設の都合により、当日時間と会場を変更いたしました。
(※2)- 前日の降雨の影響で、当日会場を変更しました。また、練習中の降雨により11:10頃に練習切り上げとなりました。

今週は2日とも当日に予定が急遽変更になりました。練習時間も通常より短いものとなりましたが、その中で守備・打撃共に短期集中で取り組み、支部予選の準決勝・決勝に臨む準備が出来たようです。

◆試合・大会
 日付:3/20(日)
 内容:高松宮賜杯第66回全日本軟式野球大会(2部)春日支部予選
 試合結果:
  第1試合(準決勝)〇6-2
  第2試合(決勝)〇4-1

春の大会(高松宮賜杯第春日支部予選)は優勝という素晴らしい結果で終えることが出来ました。まずは一安心といったところでしょうか。上位大会である福岡ブロック予選は5月下旬に予定しており、今後も準備を行います。

<監督コメント> ※3/20 高松宮支部予選終了後
-支部予選総括
全体的に優位に試合を進めていたように思う。課題だった打線も3試合で11本の長打が出ていて成長したように感じる。ただし、技術は当然ながら、精神面が未熟な選手が多いのでチャンピオンチームに相応しいかといえば疑問に思う。こういった点を各選手が自覚するのはまだ先のようだ。

-強化選手の貢献影響度は
昨年のオフから野手の強化選手も入り、この予選でも十分とは言わないまでも存在感を見せていた。(強化選手は)練習も欠かさずやっている。こういう結果(強化選手合計28打数15安打)は特に驚くような事ではないが、確実にチームの肝と言えるだろう。

- 準決勝先発の山本投手は2回で降板
ボール自体は悪くはなかったと思うが、初回からチーム全体のリズムとして悪いパターンに入っていた。雰囲気を変えるために早めに変えたが、本来長いイニングを投げないといけない投手。今後に期待したい。