チームヒストリー

年表

  • 2002年

    8月1日
    福岡市中央区にてチームの前身となる「平和台BG」を創設。
  • 2003年

    9月21日
    本格的な対外軟式野球活動を開始する。
  • 2004年

    15試合:6勝6敗3分 勝率.500
    監督:月岡一成
    6月20日
    平和台BGが、新球団の設立計画する。
    6月25日
    新球団を結成。
    6月30日
    チーム名及びニックネームを「オーシャンズ(福岡オーシャンズ)」に決定する。
    7月16日
    第一次メンバー11名を発表する。
    7月17日
    新球団最初の活動を行う。(全体練習:雁の巣レクリェーションセンター軟式野球場2番)
    8月11日
    公式ウェブサイトを開設する。
    9月20日
    初の対外試合を行い、3-15で敗れる。
    10月17日
    初勝利。12-7。
    10月24日
    上薗真太郎がチーム初ホームラン。
    11月1日
    球団呼称を「福岡ウェストジャパン・オーシャンズ」と改称する。
    月岡一成がゼネラルマネージャーに就任。
    11月17日
    軟式野球連盟の設立構想を発表する。
  • 2005年

    43試合:25勝14敗4分 勝率.641
    監督:月岡一成 GリーグRS:3位
    2月3日
    軟式野球連盟の名称を「Gリーグ」と発表する。
    3月20日
    福岡県西方沖地震(最大震度6弱)が発生し、オープン戦1試合が中止となる。
    4月17日
    初の公式戦を7-1で勝利する。
    5月22日
    公式戦初敗戦。
  • 2006年

    43試合:28勝12敗3分 勝率.700
    監督:月岡一成 GリーグRS:1位 FリーグRS:優勝
    1月
    Fリーグへの加盟を申請する。
    3月5日
    萬年がチーム初の完封勝利を記録する。
    3月21日
    Fリーグ初試合をダブルヘッダーで迎え、両試合ともコールド勝ち。
    9月3日
    FリーググループAで優勝(初優勝)。
    11月1日
    Gリーグ交流戦で優勝。
    12月3日
    Gリーグプレーオフ、1位通過ながら0勝2敗で敗退し、優勝を逃す。
    12月10日
    Fリーグ決勝戦で敗退し、優勝を逃す。
  • 2007年

    50試合:35勝11敗4分 勝率.761
    監督:平川洸貴 GリーグRS:優勝 FリーグRS:3位
    2月25日
    平川洸貴が監督に就任し、初試合。
    3月18日
    GBN野球大会に参加し、初戦を勝利で飾る。
    9月23日
    GBN決勝大会への進出が決まる。
    10月7日
    佐藤暢高がチーム初のノーヒットノーランを達成し、Gリーグディビジョン優勝を決める。
    11月4日
    GBN決勝大会準決勝に敗れる。ベスト4。
    11月25日
    Gリーグプレーオフ決勝で敗退し、2年連続で年間王者を逃す。
    チーム初の年間50試合。
  • 2008年

    47試合:30勝14敗3分 勝率.682
    監督:平川洸貴 GリーグRS:優勝 FリーグRS:2位
    2月17日
    チーム記録となる1試合34得点を記録する。
    7月6日
    動画撮影をSD方式で開始。
    8月3日
    マリンカップに初参加。初戦を9-3で勝利する。
    10月12日
    3-0で勝利し、3年連続でGリーグプレーオフに進出する。
    11月9日
    Gリーグプレーオフで初勝利。
    11月23日
    2-4で敗れ、Gリーグプレーオフ3年連続敗退。
  • 2009年

    45試合:31勝14敗 勝率.689
    監督:平川洸貴→(08.30~)月岡一成 GリーグRS:3位 →オータムシリーズ優勝 FリーグRS:優勝
    1月5日
    熊本サイクロンズ、TEAM GRと最大2年間の合同活動を発表する。
    8月30日
    平川監督に代わり、月岡一成が監督代行に就任。
    9月1日
    動画投稿サイト・YouTubeに「オーシャンズチャンネル」を開設する。
    9月20日
    動画撮影をHD方式に移行する。
    10月4日
    マリンカップ一次予選を突破する。
    10月12日
    Gリーグレギュラーシーズンは8勝3敗と健闘するも、初めてプレーオフ出場を逃す。
    11月15日
    Fリーグで勝利し、3年ぶり2回目の優勝を果たす。
    11月29日
    Gリーグ・オータムシリーズで優勝。
    12月1日
    新監督に藤野仁が就任。
    12月12日
    翌年より発足する全日本軟式野球福岡県連盟春日支部(B級)への加盟を表明する。
  • 2010年

    55試合:39勝15敗1分 勝率.722
    監督:藤野仁 GリーグRS:優勝 FリーグRS:優勝(7チーム中) → FL:年間優勝 →九州CS:優勝
    3月6日
    大阪府へ遠征試合を実施。2-0で勝利。
    3月21日
    全日本軟式野球連盟主催大会で初試合(高松宮賜杯支部予選)。3-2で勝利する。
    5月9日
    ダブルヘッダーで計42得点を記録する。23-0、19-1。
    8月22日
    チーム記録となる13連勝を達成(6月20日から)。
    9月12日
    Gリーグディビジョン優勝を決める。2年ぶり3回目。
    11月21日
    Fリーグ優勝。2年連続3回目。
    11月28日
    九州リーグチャンピオンシップ2010に出場し優勝。
    12月1日
    藤野監督の退任と西村監督(選手兼任)の就任を発表する。
  • 2011年

    36試合:21勝13敗2分 勝率.618
    監督:西村文宏 GリーグRS:2位(4チーム中) FリーグRS:6位(14チーム中) FLトーナメント2011:優勝
    3月20日
    1-7で敗れ、公式戦開幕連勝記録が6年で途切れる。
    9月18日
    チームタイとなる15失点(当時)。
    9月25日
    Gリーグプレーオフ進出が確定。2年連続5回目。
    12月4日
    Fリーグトーナメント2011決勝に引分、規定により両者優勝を果たす。
  • 2012年

    41試合:24勝15敗2分 勝率.615
    監督:西村文宏 GリーグRS:3位(4チーム中) FリーグRS:3位(15チーム中)
    4月29日
    向山将が1試合3本塁打を記録する。
    7月22日
    梅田和馬が球団通算100号となるホームランを放つ。
    9月2日
    チーム新記録となる18失点。Gリーグプレーオフの進出を逃す。
  • 2013年

    36試合:17勝17敗2分 勝率.500
    監督:西村文宏 GリーグRS:1位(4チーム中) FリーグRS:4位(15チーム中)
    9月15日
    Gリーグプレーオフ進出が決定。2年ぶり6回目。
    12月1日
    Gリーグプレーオフ決勝で敗れる。
    年間勝率.500で過去最低を記録する。
  • 2014年

    50試合:27勝21敗2分 勝率.563
    監督:西村文宏 GリーグRS:4位(4チーム中) FリーグRS:5位(15チーム中)
    7月20日
    オーシャンズナイター2014を開催。
    第58回高松宮賜杯春日支部予選は準優勝となる。
    9月20日
    全日本軟式野球連盟福岡地区大会に初出場も初戦で敗れる。
    9月28日
    丸本康平がチームタイ記録(当時)となるシーズン6号ホームラン。
    10月19日
    丸本康平がチーム新記録(当時)となるシーズン7号ホームラン。
    11月2日
    第36回西日本第2部春日支部予選大会(春日会長杯)で初優勝。
  • 2015年

    51試合:32勝10敗9分 勝率.762
    監督:月岡一成 GリーグRS:2位(4チーム中) → プレーオフ:優勝 FリーグA RS:4位(13チーム中) FリーグB RS:2位(13チーム中)
    1月11日
    5年ぶりとなる「ウィンターミーティング」をアクロス福岡で開催。
    1月22日
    運営法人として「一般社団法人ウェストジャパンベースボール」を登記。
    2月1日
    月岡が監督就任。
    7月19日
    「オーシャンズナイター2015」を開催。試合中降雨によりコールドゲーム。
    7月26日
    現地気温が40度に達した為、1試合が中止になる。
    11月8日
    第37回西日本第2部春日支部予選大会(春日会長杯)で優勝。2年連続2回目。
    新川佳祐がチーム新記録となるシーズン12勝(1敗)を上げる。
    11月29日
    Gリーグプレーオフ決勝に勝利し、Gリーグ初年間王者。
    5年ぶりの年間30勝と勝率7割台とし、チーム記録となる年間勝率(.762)を記録する。
    12月5日
    オフシーズン練習「ウィンタートレーニング15-16」を初開催。
  • 2016年

    53試合27勝22敗4分 勝率.551
    監督:月岡一成 GリーグRS:1位(3チーム中) FリーグA RS:9位(13チーム中)
    3月13日
    4Kカメラを導入。
    4月3日
    全日本軟式野球連盟福岡ブロック大会に出場するも初戦で敗れる。
    10月9日
    全日本軟式野球連盟県選手権福岡ブロック大会でダブルヘッダーを連勝し、初優勝。
    10月23日
    全日本軟式野球福岡県連盟県選手権大会(県大会)に初出場、初戦で敗れる。
    11月6日
    第38回西日本第2部春日支部予選大会準決勝で敗れ、3連覇ならず。
  • 2017年

    49試合30勝17敗2分 勝率.638
    監督:月岡一成 GリーグRS:1位(3チーム中) FリーグA RS:8位(14チーム中)
    2月26日
    ユニフォームをマイナーチェンジ。
    11月19日
    Gリーグプレーオフ準決勝で敗れ、3連覇ならず。
    栗元一鴻がチーム新記録となるシーズン9号ホームラン。